呼吸法の効果

folder_openおうちYOGA

こんにちは!

仙台のヨガ&レンタルスタジオ・スタジオマカナです。
ヨガインストラクターしょうこがお届けする「おうちYOGA」シリーズ。

 

先日ご紹介した「呼吸法」。

普段何気なく行っている呼吸を意識して行うことで、様々な効果が期待できます!
今日は、「呼吸法の効果」として”自律神経”を取り上げてみたいと思います。

 

[自律神経を整える呼吸法]

”交感神経”・”副交感神経”のふたつからなる自律神経。

★昼間活発に活動する時間帯=交感神経が優位
★家でゆったりと過ごす夜=副交感神経が優位

日々のストレスや不規則な生活等により、このバランスが崩れると、
心やカラダに様々な不調(SOSのサイン)として現れます。

・慢性的な疲労やだるさ・偏頭痛・不眠などの身体面での不調。
・やる気が起きなかったり、イライラ・不安感・憂鬱などメンタル面での不調。

病気まではいかないけれど、すっきりしない日が続くな。。
そう思ったら、呼吸法にトライしてみてください。

深く長い呼吸は、特に副交感神経の働きを高め、リラックス効果が高いのが特徴です。
緊張していたりイライラや焦りを感じるときなど、心を落ち着かせる効果もあります。

 

また、自律神経が整うことでよい眠りもサポートしてくれます。

「最近ぐっすり眠れてないな…」という方は、寝る少し前またはお布団の中で・・★
ゆったりと深い呼吸をしてみてくださいね。

 

自律神経は自分の意思でコントロールできません。
夜ぐっすり寝たいから「副交感神経をオンにしよう!」と思っても、手は届かないしスイッチもありません。

その自律神経を唯一コントロールできるのが「呼吸」と言われています。
呼吸を整えること=自律神経を整えることに繋がるのです。

 

特別な道具も場所もお金も必要ない「呼吸法」。

心とカラダの元気のために。
ぜひ毎日の生活で意識してみてください(^^)

何か効果や変化を感じたら教えてくださいね♪

 

<その他にもたくさんある呼吸法の効果>

・大きくお腹を動かすことで内臓を内側からマッサージする(便秘解消)
・ストレス解消
・自然治癒力を高める
・たくさんの酸素を体内に取り入れ、疲れにくくなる
・血流が良くなり、カラダを内側から温める(冷え性改善・基礎体温が上がる)
・心が生き生きと元気になる
・緊張、イライラ、焦りなどの感情を安定させる
・集中力が増す

 

心地よい呼吸を大切に☆

DSC_0002

 

0
前の投稿
呼吸法を実践! 〜腹式呼吸〜
次の投稿
基本の立ち方 〜山のポーズ(タダーサナ)〜

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。

メニュー