緩めること 〜足元を意識する〜

folder_openヨガの教え・豆知識

こんばんはmoon*

仙台のヨガスタジオ・Studio Makana[スタジオマカナ]
ヨガティーチャーしょうこです。

ヨガをお伝えしていると…

「緩めるのが難しい…」

そんなお声をよくいただきます。

レッスン中にお声がけをさせていただいたり、
アジャスト(手を添えてポーズをサポートすること)することで

「無意識に力が入っていたことに気付いた」

そうおっしゃる方もいらっしゃいます。

特に肩まわり。

ギューっと力が入ってしまう方が多いです。

力を緩めてほしい時には、

「肩と耳の距離を遠ざけるように」

という表現を使うことがありますが、
逆に力を抜こうとして、下に下に…と力んでしまう…!

そんなお声もよく聞きます^^
(とても良くわかります…笑)

これからの季節、寒さでもカラダにギューっと力が入ってしまいますね。

今日は「上半身を緩める」ためのポイントをひとつご紹介したいと思います。

 

無意識に緊張してしまう肩まわり。

そんな肩の緊張を緩めるポイントはポイント

足元に意識を向けること!

「肩」なのに「足」なんですニコ

まずは、足裏の4つのコーナーに均等に体重を乗せるように意識して立ちます。

 

足の裏をしっかりと大地に安定させる(グランディング)。
<足の裏がペタ~っと床に吸い付いていくようなイメージ。>

そして、内ももに意識を向けて内転させる。
<レッスンでもやっている内ももに挟んだブロックを押してあげるようなイメージ。>

尾骨は内側に。
<尾骨が真下に向くように。>

こうして、足元から自分の土台を安定させていくと…

上半身の無駄な緊張・力みが自然と抜けていきます。

背筋はスーッと伸びて、上半身の不要な緊張や力みが抜けていく…。

この感覚を得られた時、私はとっても感動しましたハート

足元が安定して、上半身がふわっと軽くなる感覚。
カラダだけでなく心も安定していく感覚。

積み木やマンション等の建物をイメージしてもらうと
わかりやすいかもしれないですねチェック

土台が不安定な状態では、上にあるものはいつまでたってもグラグラ…。

安定しない=不要なところに負荷がかかってしまう

そして軸が定まらない

人も足元(土台)が不安定なままでは、同じ状態になってしまいます。

 

安定と緩めること(リラックス)

相反することのようですが、全て繋がっています。
心もカラダもお顔

ヨガの時間は、そんなバランスを整える時間です。

初めは実感するのが難しいかもしれませんが、
自分自身に意識を向けながらヨガの時間を過ごしてみてくださいねお顔

毎日を心地よくするYoga Lifeを♡

Mahaloプルメリア

0
前の投稿
おうちYOGA更新しました
次の投稿
吐く息を大切に…♡

関連記事

メニュー