ヨガは「幸せに生きるため」のひとつの道具 〜好きなヨガを見つけること〜

folder_openヨガの教え・豆知識

「どんなヨガがおすすめですか?」

「勉強するなら、どこのスクールがおすすめですか?」

そんなご質問をいただくことがあります。

 

ある程度、その方の好み・性格・目的などをお伺いすれば
こんな感じが良いのでは…という推測はできるし。

わたしの好みでよければ!笑
おすすめをご紹介することはできるのですが。

ヨガ選びに正解/不正解はありません。

 

「あなたの好きなヨガを探してみて ♪」

これに尽きると思います。

 

ヨガは

「幸せに生きるため」

のひとつの道具です。

 

ヨガをして、肩こりを改善したい。

運動不足を解消したい。

癒やされたい。

etc…

 

いろんな動機、目的、はじめるきっかけがあるけれど。

その先に繋がるのは、「幸せ」ですよね。

 

肩こりが楽になったら、毎日もっと明るい気持ちで過ごせたり。

運動不足を解消して、より健康になって。好きなことにエネルギーを注げるようになったり。

癒やされてストレス解消することで、日々の暮らしをもっと楽しめるようになったり。

 

なので、ヨガを選ぶときのポイントは…

「自分が好きかどうか」

「やっていて楽しいと感じるかどうか」

は、とても重要だと思う。

 

 

私は今、好きで「伝統的なヨガ」を学んでいるけれど。

 

伝統的であろうが。

フィットネス的な、現代的なヨガであろうが。

 

自分自身がそれをすることで「幸せ」に繋がっているのかどうか。

それが一番大切なんじゃないかな…

と思ったりする。

 

 

 

わたし自身は

哲学的なことを深く学べることに、わくわくするし。

そもそも。
一番最初のヨガってどんなだったの?
なんて知れることが楽しいから伝統の教えを学んでいる。

 

フィットネス感が強いヨガにあまり興味が向かないのは

元々が動くの嫌いな、ぐーたら人間だから… 笑
ただの好みです。

 

 

伝統的な教えを伝えていく中で
現代的にアレンジされたヨガに対して

「それは伝統じゃない!あんなのヨガじゃない!」

「正しくヨガを伝えていない」

なんて。

攻撃的になったり。
排他的になっている方もたまに見かけるけれど。

(もちろん、伝統を守ることや正しく知ること。それも大切なことではあるのだけれど。けれど…!)

 

その排他的な気持ちこそが、伝統の教えでは「苦をもたらすもの」

煩悩のひとつであり、弱めていきたい心の動きだったりする。笑

 

 

哲学は良くわからない!

動くのが気持ちいい。とにかく楽しい!

それでもいいじゃない。

 

わたしたちは修行僧ではないし。

人間のとてもとても短い一生の中で。

 

「楽しいと感じるヨガ」

「幸せへと繋がるヨガ」

それを見つけられたのなら。とてもハッピーなことですよね。

 

たまーに

「それにも “ヨガ” って名前付けちゃうの?」

みたいなものも、もちろんあるけれど。笑

 

 

正解/不正解ではなく。

まわりからの声でもなく。

 

自分自身の中にある

「好きだな」と思えるその感覚を

大切にしてほしい。

 

ヨガに限らずですね^^

 

ちなみに伝統ヨガの教えの中では

ヨガの目的は「苦からの解放」

 

「幸せになるため」とは言わない。

(わかりやすいから、わたしは使っちゃってるけど。。)

 

なぜだと思いますか?

哲学が好きな方がいたら、考えてみてください^^♡ 笑

 

毎日をここちよくするヨガライフを

しょうこ

 

+4
前の投稿
ヨガ前後の食事について
次の投稿
こころ豊かに 感じ取ること 〜 今を生きる 〜

関連記事

メニュー