起こる出来事の捉え方。 自分で自分を苦しめてない?

folder_openヨガの教え・豆知識

ヨガの根本経典「ヨーガスートラ」の中に、こんな文章があります。

——————

あなたは どんな眼鏡で世界を見ていますか?

それはキレイだろうか?色が付いてはいないだろうか?

もし色が付いているのであれば 

当然 外の世界にもその色が付いているように見えるだろう

 

▼インテグラル・ヨーガ(パタンジャリのヨーガ・スートラ)より

——————

 

わたしたちは、良くも悪くも。

自分のフィルターを通して、世界を見ている。

 

同じ景色を見ても。

100%同じように見て、同じように感じ取っている人は、きっとひとりも居ない。

 

例えば、同じ街を歩いていても。

Cafeが好きなわたしは、素敵なお店を良くキャッチして。

機械や車が好きな彼は、Cafeなんて目に入っていなかったりする。笑

 

キャッチしていなければ、その人の世界に存在していないのと同じ。

 

 

同じ出来事が起こっても。

どう受け取るかは、人それぞれ。

 

”どの部分をよく見ているのか” も、みんな違う。

 

 

淡々とただ起こる出来事に対して

「良い」「悪い」「幸」「不幸」

そんなラベル分けをしているのは、紛れもなく自分自身!

 

 

捉え方次第で

こころの揺れが変わり

今、どんな気分で生きるかが変わってくる。

 

そして、行動が変わり

未来に展開される出来事までも変わる。

 

 

自分を苦しめる捉え方ばかりしていると

どんどん心の元気は無くなるし

辛い毎日となる。

 

 

だから…

 

そこを変えると楽になるよー!

出来事には、良いも悪いも無いのだよー!

私は不幸だって、それ本当?フィルター取ってみたら?

違う捉え方もあるけど、どう?

 

と、ヨガの哲学は教えてくれる。

 

こんなお話があります。

——————

ある貧しい村にひとりの農夫が住んでいたそうな。

 

村人たちは、その農夫を裕福だと話していました。

なぜなら、彼は一頭の馬を飼っていたから。

 

その馬が田畑を耕したり、荷物運びなどに役立っていたのです。

*

*

ある日のこと、農夫の馬が逃げ出してしまいました。

 

それを知った村人たちは

「ひどいことになったものだ!」

と大騒ぎしました。

 

しかし農夫は

「そうかもしれないし、そうでないかもしれない。」

と言いました。

*

*

数日後、なんとその馬が新たに二頭の野生馬と共に帰ってきました。

 

村人たちは

「幸運だったねー!」

と農夫に言いました。

 

しかし農夫は

「そうかもしれないし、そうでないかもしれない。」

と答えました。

*

*

翌日。

農夫の息子が新たにやって来た野生馬に乗ろうとしたところ

馬から振り落とされ足の骨を折ってしまいました。

 

村人たちは農夫に同情し

「何という悪い運の巡り合わせだろう。」

となぐさめました。

 

しかし農夫は

「そうかもしれないし、そうでないかもしれない。」

と答えました。

*

*

その翌週。

突然村に兵隊たちがやって来ました。

そして、健康な村の若者たちを徴兵して連れて行ってしまったのです。

でも、農夫の息子は骨折した足のため、徴兵を免れました。

 

村人たちは

「何という幸運だ!」

と農夫に言いました。

 

しかし農夫は

「そうかもしれないし、そうでないかもしれない。」

と答えました。

*

*

*

ちゃんちゃん!

——————

 

一見、今は悪いように思える出来事も。

あなたの人生にとって大切な

ひとつの出来事なのかもしれない。

 

 

自分にとって、どんな意味があったのか。

それはもしかすると、死ぬまでわからないのかもしれない。

けれど、今すぐ良い面に焦点を当てることはできる。

前に進むきっかけ・何かを変えるチャンスにすることもできる。

 

”良いこと”とまでは思えなくても…

悪い方へぐるぐる考えすぎないようにすることもできる。

 

 

そして、ときにはちゃんと悲しんだり。

ネガティブな感情に浸るのもよし!笑

 

 

すべては自分次第 ♪

自分が選んでいるんだと自覚すること。

 

 

さて、今日はどんな出来事がありましたか?

 

 

毎日をここちよくするヨガライフを♡

*Mahalo*

 

+4
前の投稿
免疫力アップ !! 自分を守るためにできること。
次の投稿
忘れたくないこと 〜 内側は いつでも自由 〜

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。

メニュー