待望の!ジンベイザメとご対面〜島野菜を味わうお昼ごはん・カフェこくう【冬の沖縄旅2019_vol.3】

folder_open旅日記 and Photo

沖縄旅3日目の朝。

 

宿泊していた場所から、5分程車を走らせ…

楽しみにしていたこの場所へ。

 

「美ら海水族館」

今日は、どんより曇り空。

 

 

水が澄んでいて一番綺麗に見える!

ということで、8:30の開館に合わせて来ました。

 

まだ空いてる館内。

 

カラフルな小魚や、その他の生き物たちをサササ〜っと通り過ぎ。

目的地まで一目散に。笑

 

 

待望のご対面、ジンベイザメ!

 

大きな魚や生き物が大好きな私。笑

美ら海水族館には、これを見るためにやって来た!

 

近づいて、しばし観察。

朝一の水族館は本当に空いていて…

誰も写っていないショットも取り放題だったのですが、やはり人との対比がないと大きさが伝わらないですね。

 

彼とサメ。

 

 

もう少しのんびり眺めていたかったので、館内のカフェ「オーシャンブルー」へ。

スープとタコスボールを。

 

朝だからモーニングメニューがあったらいいのにな!

と思っていたら…

 

 

周りの方々は、朝一からビールを楽しんでいる方が多かった。

贅沢な時間!笑

 

 

ジンベイザメのいる大水槽を眺めながら、のんびり。

一番水槽に近い席を確保。

こちらの席、30分の時間制限がありますが(でも、空いてたのでおまけして延長してくれた♡)

海の中にいる気分を思う存分楽しめます^^

 

 

近い〜♡ 幸せ。

水槽の近くは肌寒いので、羽織ものなどを持っていくことをオススメします。

 

 

カフェから出ると、一気に人が増えてる!

やはり朝一水族館、おすすめです^^

 

 

待望のジンベイザメも見れたし…

やっぱり次はクジラだな!と思う私なのでした。

(クジラウォッチングは、一度失敗している…)

 

 

館内を楽しんだ後は、近くのビーチへ行ってみました。

奥に見える砂浜へ!

 

 

「エメラルドビーチ」

曇り空で、ちょっぴり寂しげ。

 

今回の旅は、曇の日が多かったので…

次は、快晴の沖縄を見てみたいな〜 ♪

でも、やっぱり綺麗^^

 

不安になりながら..山の奥へと進む!今帰仁(なきじん)村のカフェ

沖縄のガイド本を探していたある日のこと。

開いた本のこのページに一目惚れ♡

なんてタイプのカフェ〜♡

 

(こちらの本です。他にも好みのカフェがたくさん載っていた ♪)

 

建物の感じ、景色。

そして、マクロビがベースのお野菜ごはん。

器も素敵!

 

 

ということで、楽しみにしていたカフェでおひるごはんを食べることに。

 

美ら海水族館から30分程のようで、ナビの案内で向かいます。

 

 

途中までは、順調!

しかし、どんどん山奥に進んでいく。。

 

絶対にすれ違いできないであろう、細い山道。

 

「本当にここでいいの??」

と、不安になりながらも、恐る恐る進む…。(戻れないから進むしかない。笑)

ちなみに、この道を通らなくても行けます。。

帰りは、違う道を通りました。。行く方はご注意を。

 

 

山道を抜けると、高台に出て、ポツリポツリと家が見ててきたので一安心。

やっと到着〜!

 

「カフェこくう」

 

到着した頃には、雨が降ってきて…

写真で見ていた、ここからの絶景は楽しめず。

でしたが、カフェの中は、ほとんど席が埋まっているほど賑わっていました。

ファミリーや男性の方も多かったのが印象的。

 

 

ナチュラルで落ち着く空間。

 

メニュー ♪

 

 

楽しみにしていた「こくうプレート」

マクロビをベースにした、ゆるベジ料理だそう。

島野菜がたっぷりで嬉しい!

 

この日の器も素敵 ♪

こんなやちむんが欲しいな〜。

 

 

こってりごはん大好きな私とは対照的に、あっさりシンプルが好きな彼。

ここのごはんが一番美味しかったと言っていました^^

 

 

沖縄でカラダに優しいごはんが食べたくなった時に。

おすすめです。

 

 

さて、次の目的地へ向かって出発!

 

この日、本当は車で行ける島「古宇利(こうり)島」へ行く予定でしたが…

雨のため日程変更。

 

そのおかげで、素敵なお店と出逢います。

 

 

「沖縄旅日記」つづく→ ☻

 

 

Mahalo♡

+3
前の投稿
海を眺めながらの幸せ朝食〜沖縄を北上!【冬の沖縄旅2019_vol.2】
次の投稿
自然素材アクセサリー「cocoloba ココロバ」〜 本日のお宿「ジ・アッタテラス」【冬の沖縄旅2019_vol.4】

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。

メニュー