生理痛の緩和に 〜寝た合蹠のポーズ(スプタバッダコーナーサナ)〜

folder_openおうちYOGA
寝た合蹠のポーズ 横たわった合蹠のポーズ スプタバッダコーナーサナ

こんにちは!
仙台スタジオマカナ・ヨガインストラクターのしょうこです。

おうちで簡単「おうちYOGA」。
本日は、「寝た合蹠(がっせき)のポーズ(スプタバッダコーナーサナ)」のご紹介です。

このポーズでは、股関節や太ももの内側を優しく緩めていきます。
骨盤周りや脚の血行を良くしてくれるので、生理痛の緩和・むくみにも効果的なポーズです。

また、仰向けの状態で自分の体重を大地に預けることで、呼吸も楽に深まっていきます。
ゆったりとリラックスしたい時にもオススメです!

———-

①仰向けになり、膝を立てます。

th_DSC_3012

 

②左右の足の裏を合わせ、膝をゆっくりと床の方へ下ろしていきます。
膝は床から浮いていてもOKです。無理に力で押さないように注意しましょう。

寝た合蹠 横たわった合蹠 スプタバッダコーナーサナ

 

③両手を頭の上に楽に伸ばします。

寝た合蹠のポーズ 横たわった合蹠のポーズ スプタバッダコーナーサナ

 

④この状態で4〜8呼吸キープ。
力みを手放し、カラダを大地に預けてリラックスしていきましょう。

※キープ時間は目安です。
心地よく感じる時にはもう少し長めにキープしてもOK。
違和感を感じたり痛みを伴う場合はポーズから出ましょう。

 

⑤(ポーズから出ます)
膝をゆっくり閉じて、腕はカラダの脇に戻します。
その後、「寝て膝を抱えるポーズ(スプタバジュラーサナ)」で少しお休みしましょう。

 

※注意点※

・膝を無理に床の方へ押さないように注意しましょう。

・膝や股関節に痛みを感じる方は、両膝の下に折りたたんだバスタオルやクッション等を置くと負荷を軽減できます。
また、長時間無理をしないようにしましょう。

———-

このポーズはデスクワークの方にもおすすめです!
長時間座ったままの姿勢でいると、足の付根が圧迫され血流が滞りがちに…。

詰まった部分を気持ちよく開放してあげるイメージで、股関節周りを緩めてあげてください。

夜寝る前&朝目覚めた時に布団の中でポーズをとってもOK!
リラックスして行ってみてくださいね。

 

いつもご覧いただきありがとうございます。
mahalo!

0
3
前の投稿
気持ちを前向きに 〜コブラのポーズ(ブジャンガーサナ)
次の投稿
強くしなやかに 〜戦士のポーズ1(ヴィラバドラーサナⅠ)〜

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このフィールドに入力してください
このフィールドに入力してください
有効なメールアドレスを入力してください。

メニュー