基本の立ち方 〜山のポーズ(タダーサナ)〜

folder_openおうちYOGA
基本の立ち方

こんにちは!

仙台のヨガ&レンタルスタジオ・スタジオマカナです。
ヨガインストラクターしょうこがお届けする「おうちYOGA」シリーズ。

今日はヨガの基本の立ち方「山のポーズ(タダーサナ)」をご紹介します。

 

「山のポーズ(タダーサナ)」は、ヨガの全ての立ちポーズの基本となります。
簡単そうに見えますが、とても奥深く完璧に出来るようになるには時間のかかるポーズです。

じっくり時間をかけて取り組んでみてください。

 

———-

①脚を腰幅に開いて立ちます。
足と足の間は平行に保ちます。

山のポーズ・タダーサナ

 

足裏の4点(親指の下・小指の下・踵の左右)に均等に体重を乗せていきます。

unnamed

 

 

③ 横から見て、耳・肩・腰・くるぶしの位置が一直線になるように意識して立ちます。

基本の立ち方

 

④腰が反り過ぎないよう意識して、尾骨を大地の方に下げます。
(尾骨を内側に入れるように。)

⑤両腕は自然に身体の脇に下ろし、胸を開きます。
上半身は力まずリラックスするよう心がけましょう。

⑥頭頂が天井から吊るされてるように意識して、あごを軽く引きます。

⑦山のポーズ(タダーサナ)の完成です。
このままの姿勢を意識しながら、「基本の呼吸法」を繰り返しましょう。

 

※ポイント※

・大地に深く根を張る木のように、
足の裏をしっかりと大地に安定させるイメージで立ちましょう。

・内転筋(太ももの内側)を寄せ合うように意識しましょう。
(太ももの間にボールを挟んで、それをギューッと押し潰すようなイメージ!)
そうすると下半身が安定し、上半身は自然と力が抜けリラックスした状態になります。

・膝をロックしない。(頑張りすぎてピーンと張らないこと。膝を痛める原因となります。)

 

※NG※

*反り腰になる
→腰に負担がかかり、腰痛の原因にもなります。
尾骨を大地(下)に向けて反り腰を解消しましょう。

反り腰

 

 

* 骨盤が後傾し、猫背になる
→骨盤が正面を向くように意識し、胸を開き背骨が空の方へ伸びるよう意識して立ちましょう。

骨盤後傾・猫背

———-

 

全身をしっかりと意識すると山のポーズで呼吸をしているだけでも
カラダがどんどん温かくなっていきます。

間違った立ち方のままヨガのポーズを取ると、変な位置に筋肉が付いてしまったり、
ポーズが安定せずヨガの効果や気持ちよさを感じられかったり・・。

また、怪我に繋がってしまう恐れもあります。

 

姿勢改善の効果もあるので、毎日数分でも「山のポーズ」を意識してみてくださいね。

 

関連記事:背中・肩まわりをほぐす! 〜ねこ伸びのポーズ〜

関連記事:背骨をほぐしてアンチエイジング! 〜猫と牛のポーズ(キャット&カウ)〜

 

+3
前の投稿
呼吸法の効果
次の投稿
腰痛解消に! 〜子どものポーズ(バラーサナ)〜

関連記事

1 コメント.

メニュー